【一斉打ち】イッセイウチ[編集 | ソースを編集]

複数の打ち上げ筒に装填された花火玉を同時に点火して打ち上げる手法。現在では電気点火 により非常に容易となっている。

通常は打ち上げる順に並べられた筒を端から順番に打ち上げるが一斉打ちでは文字通り全ての筒を同時に打ち上げる。プログラム上では「一斉」「花束」「フラワーガーデン」などのタイトルが付けられることが多い。

【打ち上げ筒】ウチアゲヅツ[編集 | ソースを編集]

Uchiagedutu.jpg

花火を打ち上げるための筒。通常は花火1発につき1本使用するが、スターマインなど連射する花火では一本の筒に複数個重ねて装填する重ね玉を用いる。 昔は木製に外側を竹で補強したものが一般的だったが、現在は鉄やステンレス製のものが主流となり、他にもグラスファイバーや紙製など用途によって使い分けられている。

【裏打ち】ウラウチ[編集 | ソースを編集]

メインとなる花火の裏で打ち上げられる装飾のような花火。

ナイアガラ 中にナイアガラの後ろで打ち上げられるスターマインなどを指す。

【煙火業者】エンカギョウシャ[編集 | ソースを編集]

花火を主に製造・販売・打ち上げをする業者のこと。

打ち上げ花火を上げるには各都道府県の煙火消費許可が必要であり、申請には煙火店所属の技能認定照明である煙火消費保安手帳を保持した「煙火打揚従事者」の名前を記載する必要があり、そういった花火師たちが所属する会社。

通常「花火大会」と「花火競技会」と分かれており、後者は煙火業者に所属する花火師達が腕を競い合うための大会となっている。

【音物】オトモノ[編集 | ソースを編集]

大きな音を発する花火のこと。式典や運動会などで使用されることが多い。

代表的な音物として がある。

【親星】オヤボシ[編集 | ソースを編集]

芯入り菊花花火の1番外側の花弁となる星のこと。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。