Fandom


おすすめの花火大会 編集

大の花火好きが家族や大切な人と一緒に一生に一度は訪れたいおすすめの花火大会を紹介。

全国花火競技大会「大曲の花火」 (秋田県) 約18,000発編集

花火のために遠路はるばる秋田県大仙市(旧大曲市)まで行く価値があるのか?その答えは「YES」だ。過去4~5年間の他の花火競技会で優秀な成績を収めた者だけが選抜・招待される花火競技会だから、花火師の本気が見られる花火大会である。

長野えびす講煙火大会  (長野県) 約15,000発 編集

11月23日に開催される2015年の大会は長野商工会議所創立110周年を記念し、打上総数も過去最高の1万5千発となった。大好評のミュージックスターマインを中心に、初の個人協賛特大スターマイン、ラストを飾る8号玉110連発、超ワイド特大スターマイン等、新しい企画を次々と実施。協賛金も昨年度比で1.5倍となり晩秋に期待の高いゴージャスな花火大会です。

神明の花火  (山梨県) 約20,000発 編集

パステルカラーに染まる神明独特の雰囲気が素晴らしい。2尺玉の連発もド迫力。

ふくろい遠州の花火  (静岡県) 約25,000発編集

雨の確率が高い大会ではあるが、晴れたら最高に素晴らしい。地元業者の張り切り具合も半端ではない、注目度が高い花火大会。二重に連なるナイアガラも圧巻!

長岡まつり大花火大会  (新潟県) 約12,000発編集

★ 2015 8

★ 2015 8.3 復興祈願花火「フェニックス」復興への感謝【4K】

2015/8/3 フルバージョン フェニックス

第69回北日本新聞納涼花火  (富山県) 約3,000発編集

1945(昭和20)年8月の富山大空襲の犠牲者の鎮魂と、戦後復興の願いを込めて、1947(昭和22)年から毎年8月1日に開催されている花火大会。

花火打ち上げ数ランキング編集

花火大会の規模やクオリティというのは打上数で図れるものではないが、やはり数字として1番わかりやすい。ここでは全国の花火大会の中でも打上数上位の花火大会をピックアップ。また数字は非公開のためランクインしてないが、PLの花火大会も相当数の花火が打ち上げられることで有名である。

1位 諏訪湖祭湖上花火大会 (長野県) 約40,000発編集

中国玉のオンパレード、球数が多ければ良いものではないが、ラストのKiss Of Fireは圧巻。

2位 全国選抜長良川中日花火大会  (岐阜県) 約30,000発編集

マックス5号玉ではあるが、風情のある花火大会である。

3位 ふくろい遠州の花火  (静岡県) 約25,000発編集

風向きと雨天にさえ当たらなければ、全国でも屈指の花火大会である。

4位 北海道真駒内花火大会  (北海道) 約22,000発編集

最高で4号玉ではあるが、火薬の量で比較するならば、長岡の三尺玉2発分にも及ばないであろう。

5位 九州一花火大会  (長崎県) 約21,000発編集

九州地方独特の低空打ちは迫力満点。

花火師の競演!! 競技会ランキング 編集

花火大会にはエンターテイメント性の高い花火大会とは別に、花火師たちが腕を競い合う競技会がある。こういった協議会は打ち上げ数よりも、見るべきはその花火のレベルの高さ。玄人を唸らせるレベルの高い花火を求め始めたらもう立派な花火マニアと言えるだろう。

1位 全国花火競技大会「大曲の花火」 (秋田県) 約18,000発編集

内閣総理大臣杯が授与される日本で最も権威のある花火大会。

2位 土浦全国花火競技大会  (茨城県) 約20,000発 編集

スターマインの土浦と呼ばれ、また内閣総理大臣杯が授与される秋の競技会。審査結果にホームディシジョンが強く反映されるとの理由から、一部の大御所の花火師は出場しないので日本一とは言い難いところが辛い。

3位 ふくろい遠州の花火  (静岡県) 約25,000発編集

文部科学大臣賞が授与される権威のある花火競技会。

4位 伊勢神宮奉納花火大会  (三重県) 約10,000発編集

各花火師が5号玉(直径約15cm)3発、10号玉(直径約30cm)1発を順に放揚する『打上花火の部』45組、様々な花火がリズミカルに打ち上がる『スターマインの部』10組から構成され、何と言っても競技大会ならではの芯入り花火や創造花火は見る者をうならせる。

5位 やつしろ全国花火競技大会  (熊本県) 約12,000発編集

全国から30業者(うち九州から9業者)競技花火大会は、西日本での開催は八代だけ。全国の有名花火師が打ち上げる花火の華麗さと技の競演が晩秋の空に広がる。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。