花火 Wiki
Advertisement
2015年は第89回です。開催日は8月22日(土)17:30〜です。

 

大会提供花火

本大会の見どころの1つである大会提供花火

創造花火

創造花火では全国の花火師がその腕とアイディアを競い合う

500mのナイアガラ花火

オープニング花火では全長500mにも及ぶナイアガラとスターマインが打ち上げられる

当日の様子

当日は数キロに渡り雄物川沿いの河川敷が来場者で埋め尽くされる


全国一の花火師を決定する権威ある大会

秋田県大仙市(旧 大曲市)で開催されるので「大曲の花火」として知られている。茨城県の「土浦全国花火大会」とこの大会の2大会のみに内閣総理大臣賞が与えられているが、競技ルールの厳格さから「大曲の花火」は日本国内で最も権威ある花火競技大会である。全国の花火師がその名誉のために自身の腕を競い合うレベルの高さと壮大な大会提供花火は全国の花火ファンから絶大な人気を誇り、花火好きなら1度は足を運びたい大会である。

20140823 190624.jpg

大会情報[]

開催場所 秋田県大仙市 雄物川沿い [地図で確認する ]
今年度開催予定日 2015年8月22日(土) 昼花火17:30〜18:15 夜花火18:50〜21:30
雨天時の対応 雨天決行(荒天時は延期)・延期日は要問い合わせ
打上数 約18,000発
昨年の人出 約72万人
打ち上げ場所
交通

JR大曲駅から徒歩30分 ※当日はJR秋田新幹線、田沢湖線、奥羽本線の臨時運行あり。

秋田道大曲ICから車10分 ※当日は市内で車両通行止めなどの交通規制あり

駐車場 19,000台 有料・無料
問い合わせ先 大曲商工会議所 0187-62-1262
有料席 桟敷席A(6名席):23,000円/桟敷席C(5名席):15,000円/イス席(1名):3,000円
公式サイト

大曲の花火全国花火競技大会

見どころ[]

オープニング[]

津雲優の「夢の空」をテーマに、ナイアガラ花火と共にオープニングを迎える。

2013_大曲の花火_オープニング_津雲優_夢の空

2013 大曲の花火 オープニング 津雲優 夢の空

大会提供花火[]

毎回違うテーマを掲げ大曲花火共同組合青年部が1年かけて制作する「大会提供花火」は、2014年には全幅900m、5分以上にも及ぶ壮大なワイドスターマインとなった。この花火を見たいというだけで足を運ぶ来場者も少なくない。最後数分のフィナーレの速射連発、一斉に上がる銀冠・綿冠は圧巻の一言。この花火を見ずに「大曲の花火」は語れないだろう。

2014_大曲の花火_大会提供花火_「Boléro_ボレロ」

2014 大曲の花火 大会提供花火 「Boléro ボレロ」


全国花火競技大会[]

昼花火[]

国内で唯一「昼花火」の競技会が行われているのが大曲。日没前の17時半頃から色付きの煙花火による競技が行われ、毎年の花火競技会のスタートを知らせている。競技は5号玉5発によって競われる。パラシュートに吊るされた煙竜は、太く、短く、ゆっくりと鮮やかに昼空を彩る。煙の色は主に、黒、赤、青、黄、緑、橙、紫、灰である。基本的に煙物と割物の二種類が打ち上がる。審査の観点は、1)花火の形、2)鮮明な色彩、である。

10号 芯入割物(課題玉)[]

「大曲の花火」で打ち上げられる10号玉は「三重芯以上の伝統の花火」という非常に高い技術力が求められる競技。2013年からは五重芯の花火を打ち上げる業者も登場した。割物花火の最大の特徴は「芯物」で、同心円(球)をつくることなので、この競技のポイントは、いくら手の込んだ花火でも、鮮明に明確に玉名通りに表現されているかどうかである。

10号 自由玉(芯入り割物以外)[]

自由玉は「芯入割物の部と重複しない自由創造的な花火」と規定されている。自由玉は、大きく二つのカテゴリーに分かれ、一つは開いた瞬間に円の中に収まるもので、二つ目は花火作家の意図が表現され、色や形に工夫を凝らした、創造力と技術的なまとわりを評価するものである。前者には「千輪菊」や「芯入冠菊」後者には「万華鏡」などのオリジナル性の高い作品をあげることができる。最近は「二度咲き千輪」や引先が変化するもの、さらにはグラデーションや時間差など、技術的に難易度の高い花火を見る事ができる。

創造花火[]

2分30秒以内の音楽(音源)に合わせて5号玉30発、4号玉50発、3号玉70発の計150発の花火で競われる創造花火は、昭和38年に全国で先駆けて発案された花火。「大曲の花火」では昭和39年(1964年)から正式種目となった。「花火は丸いもの」という既成概念にとらわれない、創造性、斬新性の高い速射連発花火をいう。この種目では、テーマ性、創造力、斬新性、音楽とあっているか、など花火の色彩や形のコーディネーション、そして作者の制作意図が表現されているかが、問われる。タイトルにあった花火が、ストーリー性のある展開がなされているか、その花火が観衆の心を捉えるかどうかが、大きなポイントとなる。音楽に合わせた花火のピッチ、燃焼速度、緩急自在な構成、光のバランス、上中底のバランス力、炸裂音のリズミカル性、新作開発能力など、花火作家の総合力が問われる競技である。審査の観点は、1)打ち上げ高度と開き、2)音と色彩、3)リズムと総合美、4)意匠と斬新性、5)安全性、である。

歴史[]

大仙市大曲地区にある諏訪神社祭典の余興花火として1910年(明治43年)に「第一回奥羽六県煙火共進会」が開催(仙北新報(現・秋田民報)主催)されたのが始まりとされ、1915年(大正4年)によりレベルの高いものを目指し全国花火競技大会と名前を変え規模を全国に広げた。1964年(昭和39年)に創造花火が生み出される。

第二次世界大戦後すぐに大会は復活したが、戦後の物資不足と混乱より観光客の数は激減した。その後も水害や競技大会という特殊な開催方法がなかなか観光には馴染まず観客は少なかった。この大会を観るのは地元民、花火業者とよほどの花火通を自認するような花火愛好家のみだった。たとえば、1982年(昭和57年)の第56回大会の観客は10万人と発表されている。しかしその後、過疎化が進む市の「町おこしイベント」として利用したい自治体が諏訪神社祭典とは独立した行事としてPRを開始(公金での宗教団体イベントのPRが憲法の政教分離原則に抵触するおそれがあるため。祭典は1週間前に分離開催となる)。東北6県では有数の花火大会となり、1990年代初頭には観客動員数が40万人を越えた(当時の大曲市人口の15倍以上)。

1997年(平成9年)に秋田新幹線が開通し大曲駅に乗り入れるようになると、旅行業者、鉄道会社らが県外で競って大曲花火ツアーを企画。またNHKでこの大会が全国放送されるようになるとさらに知名度があがり、2007年(平成19年)の第81回大会では過去最高の約76万人を記録した[1]。大会の歴史を知る資料としては2006年(平成18年)11月に「第80回全国花火競技大会記念誌」が編集発行されている。

2015年 第89回大会 公式プログラム[]

2015年 第89回大会公式プログラム

今年は7月5日午前8時までに大曲市民会館に並んだ人が整理券を受け取り、直接販売にて桟敷のチケットを購入する権利を得た。全国から集まった約3,000人が列を作り、抽選会に挑んだ。

今年もここ数年と同様に1.2倍前後の倍率だったので、抽選に漏れた人でも周りが気を利かせて譲り合いがあったので、ほぼ全員がめでたく桟敷を購入できたと思う。

右の写真は桟敷席券と一緒に付いてきた今年の公式プログラムである。定価300円。どの煙火業者が何の花火を上げるのか、プログラムの詳細が記載されている必須アイテムの一つである。

競技は、昼花火、10号 芯入割物、 10号 自由玉、創造花火の4部門で構成され、最も得点の高い業者が内閣総理大臣杯を手中に収めることとなる。

2015年 第89回大会参加煙火業者[]

過去の大会参加煙火業者[]

  • 北海道 海洋化研 - 第80回まで出場
  • 秋田県 和火屋(旧・仙北火工)
  • 山形県 松田煙火製造所 - 第63回まで出場
  • 福島県 川崎火工服部煙火店 - 第80回まで出場
  • 福島県 長尾銃砲火薬店
  • 茨城県 金沢煙火工場 - 第80回まで出場
  • 茨城県 大同火工煙火店 - 第65回まで出場
  • 岡山県 笹井煙火 - 第68回まで出場

各年 優勝花火[]

年度

大会回

タイトル 煙火業者 備考
2015年 第89回 静岡県 イケブン
【4K】大曲の花火2015_<内閣総理大臣賞>イケブン_Omagari_Fireworks

【4K】大曲の花火2015 <内閣総理大臣賞>イケブン Omagari Fireworks

2014年 第88回 茨城県 野村花火工業
【4K】2014_大曲の花火_<内閣総理大臣賞>野村花火工業

【4K】2014 大曲の花火 <内閣総理大臣賞>野村花火工業

2013年 第87回 秋田県 小松煙火工業
2013_大曲の花火_【内閣総理大臣賞】_きのこの山_たけのこの里_小松煙火工業

2013 大曲の花火 【内閣総理大臣賞】 きのこの山 たけのこの里 小松煙火工業

2012年 第86回 山梨権 山内煙火店
2012_大曲の花火_【内閣総理大臣賞】日本の花~侘寂~_山内煙火店

2012 大曲の花火 【内閣総理大臣賞】日本の花~侘寂~ 山内煙火店

2011年 第85回 長野県 紅屋青木煙火店
HD大曲の花火2011内閣総理大臣賞(株)紅屋青木煙火店割物創造花火

HD大曲の花火2011内閣総理大臣賞(株)紅屋青木煙火店割物創造花火

打上現場から見る「大曲の花火」[]

打上現場から桟敷席を見る

大会当日の朝の集合時間は午前5時。全業者が指示に従って順番に現場入りし指定の場所で作業に取り掛かる。

 

全国から集まった花火を運搬したトラック群

現場内では長袖・長ズボンにヘルメットを着用。これがまた暑い。花火大会が始まると土手の際に座って安全に花火が上がることを願う。

 

打上現場の土手から花火を鑑賞

唯一、観客席よりも良いだろうと思うのは、トイレ行列ができない事くらいだろうか。もちろん現場内は禁酒なので、それほど頻繁にトイレに行きたくなることもないのだが。

 

花火終了後は会場全体に、南こうせつの「満天の星」が流れ、皆が一体となって「エール交換」のフィナーレとなる。現場の従事者は発煙筒を持って観客席に向かって「見に来てくれてありがとうございます、また来年会いましょう!」の合図を送る。

最後の「ありがとう」は発煙筒を大きく振って行う

その後は地獄の片付けに入るが、大曲は業者が多い分、個々の会社の筒の数は他の大会と比べても少なめとなるから、午前0時前には帰路につける。だがそれ以上に大曲の主催者の皆さんは大変だ。打上現場だけではなく会場全体、いや、駐車場から交通規制から駅から地元住民の事まで、すべてに気を配っているのだ。

2015年 大会提供花火[]

「大会提供花火」のテーマは、「あさきゆめみし」

 大曲の花火の“目玉”といえる見どころで、観客の注目を集めるプログラムが、大会提供花火。今年のテーマは、『源氏物語』を漫画化した、大和和紀(やまと わき)作の『あさきゆめみし』。光源氏の栄華と苦悩の人生、そしてその子孫らの人生を「花火」で表現する。

「花火」で織りなす「もののあはれ」を鑑賞しよう。写真は大会提供花火(笑)

DSC04169.JPG
Advertisement